最近の映画事情[Bad Boy Bubby]

日本では劇場未公開(映画祭で上映されたらしいけどよく知らぬ)、VHSのみですが多分絶版。
1993年公開、ニコラス・ホープ主演、ロルフ・デ・ヒーア監督作品「アブノーマル(Bad Boy Bubby)」見ました。

c0135432_23171021.jpg主人公バビー(ニコラス・ホープ)は、生まれてから35年経った今でも家の外に一歩も出たことがない。家族は母親と一匹のネコだけ。母親に徹底的に管理されて生きてきたバビーのもとに、ある日突然バビーの「パパ」が現れる。出てはいけないと言われていた外の世界からやってきた「パパ」はバビーを口汚く罵り、バビーを家からたたき出す。初めて外の世界に触れたバビーは、善と悪の区別もなく、目的もなく、ただ足の向くままに未知の世界へと歩き出すのだが……


バビーを演じたニコラス・ホープの演技がいい。何をしていいのか、何をしてはいけないのかがわからず、自分自身の求めに忠実な子供のような男を見事に演じている。周囲の自分への反応に戸惑ったり、自分が迷惑がられる「いらない子」であることに涙したり。

そこは演技ももちろんだけど脚本の良さでもあるんだと思う。先の読めない展開というのか、なんとなくこーなるかなーと思っていると斜め上を行かれるところが多く、予想がつかない。善悪の区別がつかないバビーはもちろん悪いこともするが、純粋だからこそ誰かと一緒に泣き、笑うこともある。

純粋で善にも悪にも縛られない主人公を描いたからこそ、この作品を見たあとは人間を信じてみたくなる。なかなかサイコな内容の映画だが、根っこにあるのは人間そのものへの愛情である。作中に登場する「神を拒否するのは全人類の義務」という言葉もまた、人間を愛するゆえのメッセージなのだろうか……



ちなみにこの映画はニコニコ動画でcommon氏が自作の字幕をつけてアップしています。VHSも絶版で入手が困難だと思うのでよかったらここで見てみてください。

[PR]
# by DLMN | 2013-08-10 00:51 | 映画

お気に入りのエロゲベスト10

なんか暇だったので気まぐれにエロゲの話でも。

※エロゲの話なんで一応18歳未満は注意してネ!

もうなんだかんだで6年くらいエロゲやってきたし、プレイした作品数はそれなりにあるんだけど……元来飽きっぽい性格なのもあって改めて見てみるときちんと全クリしたゲームは数える程しかなかった。一応、今回のランキングはクリアしていないものも含めて作成しましたが、クリアしたら評価が変わるものもあるのかもねー。
とりあえずこんな感じになりました。マイナーどころも数本混ざってるかなw?
マイナーではないにしても普通の人はあまり評価していない作品が多いかも。
まぁ有名どころをあまりプレイしていないというのも理由の一つではあるんですけどねw

というわけで一つ一つ紹介していきましょうか。


10位 追奏のオーグメント
c0135432_554338.jpg

地雷ソフトの処女作。年老いて人生に絶望した主人公が死神の力を借りて若かりし日に戻り、二度目の青春を謳歌する、という内容。ご都合主義なようにも聞こえるが、ルートによってはかなりショッキングな展開も用意されていたり……。
なんといってもギャグがよく目に付く作品。さすがにシリアス部分までは出張ってこないもののシナリオの7割くらいは何らかの笑いに繋がっていると思われる。しかし別段ギャグに強引にねじ込みました、という感じはなくそういうキャラクターなんだ、と一度認識してしまえば抵抗なく受け入れられる。設定の突飛さもありレーベル処女作ではあるもののかなりあちこち尖った作品。荒削りな部分はあるが、ファンディスクの「終奏」も合わせて楽しめたのでランクインさせてみた。

9位 EXTRAVAGANZA ~蟲愛でる少女~
c0135432_4502451.jpg

9位でいきなりかなりのハードなゲームを挙げてしまったw
しかも全クリしてないのにランクインさせたという体たらくなのですが、ただ個人的にかなりの良作シナリオゲー。シナリオ分岐はかなり複雑で初心者には難しいかも(つーか俺は自力でクリアできる気がしないw)。とはいえ通過したシナリオはシナリオツリーでいつでも確認できるので、分岐点の見極めはできなくはない、と思う。
不思議な生物「蟲」を愛し、共に生きる少女の激動の青春を描くシナリオゲー。内容はかなりハードかつダークでありHシーンは鬼畜な内容のものが多いが、共に暮らす「蟲」との絆、それを通して描かれる家族愛の物語にはどこか切なく胸を打つものがある。
冒頭である第一章は主人公となる少女が両親を失い、蟲使いの男に陵辱され、蟲たちの苗床にされるという凄惨な内容である。しかしその中で少女は自分が産んだ一匹の蟲との間に親子の絆を感じ、我が子のために生きることを誓う。そんな一章の内容だけでも俺は少し涙ぐんでしまった。ただの鬼畜ゲーと思わず、一度チャレンジしてみてほしい。

8位 FORTUNE ARTERIAL
c0135432_4353791.jpg

8位という順位はちょっと低すぎるかな、とも思ったんですが。
初めてプレイしたエロゲであり思い入れも強い。初めての作品だったせいでプレイ中は良作だったのかわからなかったが、今考えると個別ルートからトゥルールートへの流れが非常に美しかった。五人のヒロインの個別ルートを終えてメインヒロイン用のトゥルーエンドがもう一本用意されている形式なのだが、個別ルートでそれぞれが抱えつつも解決しきれなかった問題や伏線が、トゥルールートで綺麗に一つに収束していく流れが非常に気持ちよく秀逸。すべてのルートをプレイすることにかなり意味のあるシナリオだといえる。
分岐が非常にわかりやすく、どのルートもそれなりにスッキリした終わり方なので初心者に勧めたい作品の一つ。

7位 魔物娘たちとの楽園~蜘蛛と鳥と◎と~
c0135432_4194032.jpg

こちらもなかなか一般受けしない作品。というかシナリオはさほど長くないし、内容的には中堅ゲーとしてごく普通のレベルなのだが、個人的にはかなりの高評価。まぁやっぱり数少ない魔物娘もの、中でもアラクネと単眼という魔物娘の中でも俺の好きな二大ジャンルをカバーしているのが大きい。そんなわけで非常に個人的な評価による7位ではあるが、相変わらずこの会社(Vanadis)の魔物娘シリーズは作りがしっかりしていて安心できる。
魔物娘を扱った作品はイロモノであったり、魔物娘であるという割に容姿が人間的だったり中途半端なものが多い(と個人的に思う)のだがVanadisの魔物娘シリーズはきちんと魔物である設定を生かしつつ普通のギャルゲーのような堅実な作りをしてくれている。ヒロイン三人の関係性もそれぞれに見るべきところがあるし、それぞれ背負っているものもある。短いなりに厚みのあるシナリオの良作。魔物娘を愛せる人なら楽しめると思う。

6位 恋色空模様
c0135432_359294.jpg

共通ルートが胸熱の良作。共通ルートが長く個別ルートは割と淡白な作りではあるんですが、共通ルートの出来が良すぎて気になりません。プレイし終わって冷静になった時に「ん? あれ、そういえば個別短くね?」みたいな気分にはなるかもしれませんが(笑)
サブキャラも含めてキャラがいいし、共通ルート中盤では意外な人物の活躍が見れたりととにかく共通が楽しい。アニメみたいな演出(OPムービー、次回予告など)や吹き出しみたいにキャラクターごとに表示される会話ウィンドウなど普通のエロゲとは演出面でもちょっと違う。個別も短いといっても作りはそこそこしっかりしているし、ラノベを読むような感覚でプレイできる作品といえると思う。

5位 D.C.Ⅱ~ダ・カーポⅡ~
c0135432_351163.jpg

これはもうかなりの有名どころですな。
実は全クリしてなかったり……w プラスコミュニケーションプレイしているのでヒロイン数多すぎて。
とはいえ人気作の面目躍如というか、それぞれのドラマに深いものはあります。共通ルートにもある程度の分岐要素があり、ヒロインごとのルートを含めた全シナリオのテキストは相当な量だと思います。まぁプラスコミュニケーションの話ですけど。
分岐も比較的簡単でヒロイン数も多く、初心者にもお勧めできる作品。きっと好みの女の子が見つかるでしょう(笑)。俺は杏ルートで号泣でした。

4位 euphoria
c0135432_332617.png

これをランキングに乗せていいのかというところでちょっと迷ったんですがw
ドSな自分的には非常に嬉しいリョナゲー。最近は縮小気味だったリョナゲーで個人的にはエロ部分が非常に満足。とはいえ、さすがにただの抜きゲーだったらランクインしなかっただろう。
最初は単なる抜きゲーだと思ってプレイしていた。謎の施設に閉じ込められた主人公たちが、エロいことをして五枚の扉のロックを解除して外に逃げ出すというのがゲーム開始時点での目的であるというのも抜きゲーっぽく、事実前半はヒロイン選択式でHシーンの連続なのだがこのゲームの真骨頂はその先にある。
脱出して終わり、かと思いきや施設を脱出してからは怒涛の急展開が主人公とヒロインを襲う。四人のヒロイン攻略後にプレイできる五人目のヒロインのトゥルーエンドでは周到に張られていた伏線が回収され驚きの事実と切ない結末でまさかの泣きゲー化を果たす。詳細な内容は是非プレイして確かめて欲しい。
Hシーンは最近のゲームの中では結構鬼畜な部類だが、そのあたりが好きでなくてもシナリオで十分楽しめる作品だと思う。

3位 きっと、澄みわたる朝色よりも、
c0135432_3201411.jpg

共通ルートのみで基本的には正解ルートが一つしかない一本道のシナリオ重視ゲー。
メインの女性キャラクターが三人(四人か?)いるにも関わらず、主人公と結ばれるヒロインが一人しかいないというのはやや勿体なさがあったものの、それぞれがそれぞれに主人公に対する友情、愛情、あるいは敵意といったものを抱えて接しており、それが人間ドラマ的な部分に厚みを持たせているのかもしれない。
サブキャラクターにもそれぞれに見せ場となる名シーンが用意されており、俺もメインの三人とは何ら関係のない部分で一度号泣した。
ヒロインごとのルートが欲しかったという思いがマイナスではあったものの、結果的にそれがシナリオにいい意味で影響を及ぼしていると考えればこれで正解だったのかもしれない。

2位 グリザイアの果実
c0135432_355321.jpg

果実、というかまぁ「迷宮」「楽園」も含めたグリザイアシリーズ全体でランクインした感じ。
このシリーズの魅力はやはり会話のテンポの良さでしょう。ギャグ会話は非常に秀逸で、ゲラゲラ笑わせてもらいました。ヒロインごとのエピソードもそれぞれのキャラクターを象徴するものというか(もちろん個別シナリオを意識したキャラ付けがされていたんだろうけど)、そのキャラクターならではのルートになっていてそれぞれ違った感動がありました。
続編の「迷宮」「楽園」に進むとメインが共通ルートになってくるが、これはこれでというか、むしろこっちが本編といってもいいレベル。非常に胸が熱くなる展開で、共通ルートではあるものの五人のヒロインそれぞれの個性は殺されることもぶつかり合うこともなく一人一人がきちんと役目と意思をもってドラマに登場する。
キャラゲーの側面が強いようにも思えるが、エロゲーなんて程度の違いはあれキャラゲーであることは間違いない。シナリオも面白いのでかなりの秀作。

1位 ef - a fairy tale of the two.
c0135432_2435665.jpg

これは有名どころですね。
「the first tale.」と「the latter tale.」の二本のゲームを通して5組のカップルの物語が絡み合う恋愛群像劇。笑いあり涙ありというか、キャラクターの生き生きした楽しい会話と、切なさに胸打たれる恋のドラマが素晴らしい。
つーか泣いたよ俺。これを1位にするか少し考えたのですが、逆にこの作品よりも感動したエロゲをプレイしたことがあるだろうかと考えたら思い当たりませんでした。ドラマCDのキャストトークも聞いて声優さんたちの雰囲気も好きだったり、羽山ミズキという俺のハートにどストライクキャラがいたこともあって個人的に思い入れも強い作品。この作品で安玖深音さん(ミズキ役の声優さん)の声を初めて聞いて好きになりましたw
シナリオは「一人の主人公に複数のヒロイン」という普通のギャルゲーとは異なり「一人の主人公に一人の恋人」であり、複数の絡み合った物語を恋愛小説を読むような感覚で読むもの。シナリオも基本的に一本道なのでゲーム性を求める人には物足りないかもしれない。でも一つ一つのストーリーの密度は高く濃密で、恋とは優しいばかりではないことを感じさせるエピソードも多い。それでもこの物語は恋愛の尊さというか、温かさみたいなものを感じさせてくれる。個人的ベスト泣きゲー。


そんな感じのベスト10でしたw
どれも甲乙つけがたい良作です。よかったらプレイしてみてください。
次回あたり、ランキングから漏れた良作の紹介もしたいなぁw
[PR]
# by DLMN | 2013-08-03 05:24 | ゲーム

最近の映画事情[リング 完全版]

正しくは映画ではなくドラマなんですが。
1995年に放送された単発ドラマ「リング」を見ました。当時の二時間ドラマらしく「リング 〜事故か! 変死か! 4つの命を奪う少女の怨念〜」という長々しいタイトルの本作。VHSで出ていたのはテレビ放映版ではカットされたシーン(主にエロいのとか)が収録された完全版です。DVDないんですかね……?

監督は瀧川治水、脚本に飯田譲治、祖師谷大蔵。主演は高橋克典。

c0135432_2223830.jpg新聞社に務める浅川和行(高橋克典)はある日、仕事帰りにある変死事件に遭遇する。タクシーに乗っていたところ、なんの前触れもなく近くにいたライダーがタクシーにぶつかり、何かに怯えるように絶叫しながら突然死したのだ。なんとか家に帰り着いた浅川は、妻の静(立原麻衣)から姪の大石智子(雛形あきこ)が変死したことを知らされる。更に職場の同僚の吉野(中村繁之)から、若いカップルが車内で変死した事件についても聞かされる。
三つの事件がすべて全く同じ時間に発生していたことに気づいた浅川は事件の調査をはじめ、死亡した四人が死の一週間ほど前に伊豆の貸別荘を訪れていたことを突き止める。
四人の訪れた貸別荘を訪ねた浅川は、そこで気味の悪い映像が映ったビデオを見てしまう。

「これを見たお前は七日後に死ぬ」

そんなメッセージを最後に途切れたビデオに奇妙なまでの恐怖を感じた浅川は、かつて仕事で知り合った超能力好きの大学教授、高山竜司(原田芳雄)を訪ね、ビデオの正体について尋ねる。冗談半分に応じる高山と話すうちビデオの恐怖は自分の思い込みかと一安心した浅川だったが、その晩ビデオを見た高山から電話が入る。高山はこのビデオを見た自分たちは本当に死ぬかもしれない、と言い出し、二人は呪いを解く方法を探し始めるのだが……?



言わずと知れたあのリングなわけですが、映画版とはかなり趣を異にしています。
全体的に映画より原作寄りの本作は数あるリングシリーズ最初の映像作品ですが、原作に忠実な分非常に密度の高い作品に仕上がっているように思います。

個人的には映画版よりずっと面白かった。いや、映画版も悪くはないんだけどね。

現実的、というのは呪いとか念写とかが登場する作品には不適切かもしれない表現ですが、全体的に地に足のついたミステリーホラーという感じでした。映画版の強引に端折られた部分がしっかり織り込まれて、ホラー要素が弱い分かなり感情移入できて、主人公の浅川高山コンビの焦燥感がダイレクトに伝わってきました。

映画では母親の件だけに絞られていた貞子の怨念も父や長尾医師のエピソードがきちんと語られたおかげで、貞子がどれだけ強い怨念を孕んでいたかがよくわかる描写になっていました。
貞子を演じた三浦綺音も可愛いですし、両性具有設定も生きているし、かなり原作通りの可愛い(しかもエロいw)貞子に、貞子好きの自分は満足です(笑)

最後にノーカットで呪いのビデオの映像が流れる演出はわかっていてもゾクッとする何かと、やっぱりきたか、とニヤリとさせられる感じが合わさって最後まで興奮させられました。
2時間ドラマということでしたが、映画といっても差し支えないレベルの完成度だと思います。面白かったです。

かなり古くてレンタル等々自分もずっと探していたのですが、そもそもVHSを取り扱っている店自体が今では珍しいのでなかなか見られないかもしれませんが(自分もかれこれ半年くらい色んな店で探しましたw)機会があったら是非見ていただきたい一本でした。
[PR]
# by DLMN | 2013-07-27 23:03 | 映画

児童ポルノ禁止法改正案について【追記】

廃案という話になったり差し戻しという話になったり予断を許さない案件ですが、少しだけ前の記事の続きを。

続きといっても特に変化があったわけではないのですが、前回の記事を書いたのと同じ頃、素人は自民党・公明党のホームページ、ご意見箱に前回書いたような内容を質問形式で送ってみたのですが、ものの見事に無視されております。

選挙まで期間があったこともあって軽視されるかも、とは思っていましたがそれにしたってなんの返答もないとあっては政党が本当に我々国民の代弁者足りうるのか、不信感は拭いきれません。

自分は学生であり選挙権がない旨を明記して送りましたが、こうして返答がないと「改正案に後暗いところでもあるのか」「僕の拙い文章にすら答えられないくらい改正案は穴だらけなのか」あるいは「選挙権がないいち国民の意見など気に留めてもいないのか」と、そんな風に勘ぐってしまいます。

更に言えば公明党の意見箱の文字数制限が「2000文字」なのはまだいいとして、自民党の「600文字」はあまりにも少ないと思うのですがどうでしょう。あれでは本当に単純な誰でも書けるような質問しか送れません。まともな意見や投書が600字で収まるはずがないでしょう。与党の党としてのあり方に疑問を抱かざるを得ません。



これまで自分は政治にあまり関心を持たずに生きてきました。
いくら自分たちの代表が話し合う場が国会だと言われても、その在り方がいまひとつピンときておらず、遠いもののように思っていました。
しかし今回の改正案の一件が、僕の愛するサブカルチャー、もはや僕自身の生活の一部ともライフワークとも呼んでよいものとなっている部分に大きく影を落とす内容となるに至り、ようやく関心を持ち始めました。

けれど今回の改正案を通じて感じるのは、自身の無力さにほかなりません。
国会にも政党にもどう意見を投じればいいのかわからず、手近なネットを使った投書にもなんの手応えもなく、そして調べれば調べるほどその裏側を疑わずにはいられなくなる改正案をただ指をくわえて見ていることしかできない歯がゆさを覚えます。

今の政治はおかしいと思います。確かに投票したのは我々国民です。けれど我々は実際に国を動かすことができないから、各党の掲げる方針や政策を信じて投票することしかできません。だからこそ各政党には「一度掲げた約束をきちんと守り、またいつ何時でも国民の声に耳を傾ける」ことを口先だけでなく徹底してほしいと願います。
[PR]
# by DLMN | 2013-07-06 14:02 | 近況報告・雑談